インシデントレポートの意味をはき違えている病院が多すぎる

16 : 名無しさん@おだいじに[] 投稿日:2006/08/22(火) 17:43:44 ID:A92JPb+A
1年目です。
呼吸器の病棟にいます。

先日夜勤の時にコールがあり意識清明ですが、呼吸器をつけている患者様が吸引してと訴えがありました。
その時また別の患者様のコールがなったんです。
その患者さまは不穏の患者様で、センサーをつけてました。
その患者さまのコールがなったということはベッドからの転落もありうると気持があせっていました。
でも呼吸器の患者様もほっとけません。
吸引をし、すぐにセンサーの患者様の所に行きました。
先輩看護師は便処置で手が離せず、私一人で対応していました。
呼吸器のアラームがなり、おかしいと先輩看護師が便処置を終え呼吸器の所に行き、RATEボタンがHighからLowになっていることがわかったんですが原因がわかりません。
結局、私が吸引器の圧を上げるときにポケットに入っているもろもろの物が当たったのではないかとなりインシデント書きました。
でも、翌朝師長がそのインシデントレポート見て、私が触ったと決めつけ触ってませんと言っても「ありえない」の一点張りです。
もうつらくてつらくて、明日日勤なんだけどまた面接すると言っていたと同僚から聞きました。
どうしたら信じてもらえるんだろう?
それに、不穏の患者様を抱えながらの夜勤のつらさを上の人間はわかってくれないんだろう。

17 : 名無しさん@おだいじに[age] 投稿日:2006/08/22(火) 17:54:00 ID:???
>>16
病棟は信じてくれないよ。
私もそうだったから。
むしろ開き直って全て否を認めてやったら師長は満足そうにしてたよ。
でも不穏な人をかかえて大変だと思うけど、作動状況の再確認は必要だったと思うよ。
私はそれはプリからくどいぐらい言われてるから。

18 : 名無しさん@おだいじに[] 投稿日:2006/08/22(火) 17:57:56 ID:A92JPb+A
>>17
ありがとうございます。
確かに作動状況確認せず不穏患者様の所に走って行ったのは反省します。
でも何を言っても信じてくれない師長がいることがとてもくやしい・・。
やめろと言わんばかりの攻撃されるんだろうなあ・・。

19 : 名無しさん@おだいじに[sage] 投稿日:2006/08/22(火) 18:54:01 ID:???
>>18
医者の世界では、理不尽な上司が居たり勤務体制が過酷な病院からはどんどん逃げ出しています。
余りに理不尽なことを言われて、人間としてのプライドまで引き裂かれるぐらいならそんな職場は辞めてもいいんじゃないですか?

医療業界以外にも、生きてゆく道はいろいろあるさ
・・・ってぐらい考えとくと、追い詰められずに済みますよ。

20 : 名無しさん@おだいじに[] 投稿日:2006/08/22(火) 19:00:11 ID:A92JPb+A
>>19
ドクターの世界も大変なんですね・・。
ありがとうございます。
でも、私看護師に向いてないのかもって思い始めてます。
気持を前向きに持てなさそうです・・。

21 : 名無しさん@おだいじに[sage] 投稿日:2006/08/22(火) 19:22:22 ID:???
>>20
向いてるか向いてないかってことは、簡単に結論が出せることじゃないと思いますよ。
経験を積んでゆけば、段々とそれなりに対応できるようになりますから。

最初からできる人なんて、まずいないと思います。
一番大事なのは、その仕事が好きか嫌いか・・・ってことなんじゃないかな。

25 : 名無しさん@おだいじに[] 投稿日:2006/08/22(火) 23:46:21 ID:XGyjaRkg
私は三年目です。
自分だってまだ一人前と思えないのに、主任→副師長→師長経由でプリにされて新人一人持ってます。
今日は新人がインシ。
落ち込んでる新人を励ますどころか、インシを未然に防いであげられなく、また、上手くフォローもできず、私も落ち込んでます。
また明日から一緒に頑張ろうね。
未熟なプリでごめん。

さあて寝るぞー!
明日の為に!!!

26 : 名無しさん@おだいじに[sage] 投稿日:2006/08/22(火) 23:55:55 ID:???
インシって略語があるのか?。

29 : 名無しさん@おだいじに[] 投稿日:2006/08/23(水) 18:04:07 ID:mIIzC6QQ
インシ=インシデントレポート
アクシ=アクシデントレポート

の略。

30 : 名無しさん@おだいじに[] 投稿日:2006/08/23(水) 20:38:03 ID:A7B2hDwm
>>25
インシデントレポートの意味がわかってないみたいだね。
インシデントレポートってのは、インシデントを起こした原因が現状のシステムのどのあたりに問題があるのを求めるために書くのであって、
インシデントを起こした本人は、わざわざ「どこに原因があるのかを調べるために報告」してあげてる、ってゆ~、高飛車な態度でいいんだよ。

要するに、インシデントを起こした本人はなんも悪くない。

インシデントを起こした本人はむしろ「被害者」であり、そのようなインシデントを起こしてしまったシステムが悪いのである。
言い換えれば、院長や師長や看護部長、そして厚生労働省が悪いのである。
そいつらのせいで、被害を被ったのは、インシデントを起こした本人である。

このように考えることが、まだできていない病院なのかな?

31 : 名無しさん@おだいじに[sage] 投稿日:2006/08/23(水) 21:06:20 ID:???
>>30
ところが世間では、インシデントレポートを書いた枚数をその個人のボーナス査定に反映させてる病院もあるよん。
当然嫌がって誰も書きたがらないから、師長がご指名で書かせてるw

32 : 30[] 投稿日:2006/08/23(水) 23:28:29 ID:A7B2hDwm
>>31
おまえもまだわかってなさそうだな。

事故のない安全な医療を提供していくためには医療従事者一人ひとりが危機意識を持って日々の患者の診療にあたると同時に医療に係る知識や技術を一定のレベル以上に保つことが不可欠である。
しかし、大学病院のような巨大で複雑なシステムのもとで行われている医療においてはよく訓練された経験豊富な医療従事者であってもうっかりミスや医療事故を起こすことがある。
また、ささいなミスがいくつも重なりあうような複合要因によって重大な事故が引き起こされることも経験されている。

病院以上に巨大で複雑なシステムである航空輸送や原子力発電などでは事故やミスを「独立した個人」の問題としてではなく「人間とシステム(ハードウエア、ソフトウエア、環境、対人関係)の相互関係」という枠組みでとらえ、システムの中で働いている人間の特性、能力、限界(いわゆるヒューマンファクター)を踏まえた事故防止対策をとっている。
すなわち「人間はエラーをおかす」という前提に基づき事故やニアミスに関する情報を収集しこれらの分析結果に基づきパイロットやオペレーターの意志決定に必要な情報支援、人間の感覚に適切に情報を伝える機器やモニターの開発、チームとしての機能強化トレーニングなどを組織として継続的に支援することによって安全性を確保してい
る。
医療界においても麻酔科では麻酔事故の原因として早くからヒューマンエラーとシステムに注目し作業手順や確認の標準化、フェール・セーフシステムを有する麻酔器や優れたモニターの開発などを通して事故を減らしてきた歴史がある。

34 : 30[] 投稿日:2006/08/23(水) 23:29:22 ID:A7B2hDwm
しかしながら、これまで一般に医療機関は医療事故が起こった場合、事故への対応と当事者を処分することだけで済ませることが多く、過去の失敗を「他山の石」として事故の再発予防とする学習メカニズムを有してこなかった。
そこで、これらからの新しい医療事故防止方策にはエラーの発生メカニズムに関する科学的知見や、医療界以外の領域での事故防止への取り組みを参考にしながら「予防」を主眼にしたシステムとしての安全性の向上を図っていくことが求められる。
すなわち、医療においても「人間はエラーをおかす」という前提に基づきエラーを誘発しない環境や起こったエラーを吸収して事故を未然に防ぐことができるシステムを組織全体として整備していくことが必要である。

35 : 30[] 投稿日:2006/08/23(水) 23:32:14 ID:A7B2hDwm
起こったエラーを吸収して事故を未然に防ぐことができるシステムを組織全体として整備していくことが必要である

まずは、エラーがどういう種類なのかを分析する必要がある

そこでインシデントレポートの登場

エラーを起こした本人を叱るような環境だとインシデントを隠すようになり、結果としてシステムは改善されず、エラーをまた繰り返す結果となる。

エラーは、「起こした本人」が悪いのではなく、それを起こさせた「システム」が悪いのである

こういう考え方の普及が現在の日本では急務であると言われている。

仕事を辞めようか悩んでる人へ

給料が安い、労働環境が悪い、看護師同士の人間関係が悪い…
いろいろな理由から仕事を辞めようか悩んでいる看護師さんは多いと思います。
数年前でしたら「甘えるな!頑張れ!」と言われてしまうでしょうが、今はそんな事ありません。

どんどん転職して悩みを解決すれば良いという風潮になっています。

・看護のお仕事
・ナースではたらこ
・ナース人材バンク

これらが転職して良かった、悩みが解決されたという看護師さんが良く使っていた転職サービスです。

今なら転職祝い金として10万円が貰える求人情報もあります。
どうせいつか転職するならこの機会を利用してみてはどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
看護のお仕事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>